第一工業株式会社

CSR関連基本方針

法令遵守

コンプライアンスは企業に対する社会的要請のなかでも最重要事項の一つとなっています。いまや企業がビジネスを実践していくうえでの大前提ともいえ、第一工業が社会からの信頼を保ち続けていくためには、コンプライアンスを重視する企業風土・社内体制をつくり、維持していくことが必要です。
第一工業ではコンプライアンス規程にて「法令等の遵守および社会規範の尊重」を徹底するための体制等を定めるとともに、コンプライアンスにかかる基本方針として以下の行動規範を掲げています。

コンプライアンス行動規範

  1. コンプライアンスを経営の重要課題とし、その徹底に取り組む。
  2. コンプライアンスに照らして問題のある行為には関与しない。
  3. 役職員に対する十分な教育を継続的に行う。
  4. コンプライアンスに関する状況の評価を、厳格かつ継続的に行う。
  5. コンプライアンス違反が発生した際には、これを素直に認め、すみやかに是正措置および再発防止措置を講じる。

安全衛生方針

企業の目的は、永続しそして社会に貢献することにありますが、その為には安全と健康の確保が必要不可欠な前提条件となります。
第一工業では、経営理念を実現するために社員の参加と協力会社関係者の協力を得て、次の事項を積極的に推進しています。

  1. 安全に対する意識を高め、「慣れ」「不注意」を撲滅するため、今年度も社員及び協力会社関係者への安全教育を継続実施する。
  2. 無事故無災害・設備事故撲滅を目指して職場のあらゆる危険有害要因を排除するため、当社従業員と協力会社関係者全員参加の下にPDCAサイクルを機能させ、労働安全衛生並びに品質マネジメントシステムの更なる充実を図る。
  3. 労働安全衛生法をはじめ関係する諸法令はもとより会社で定めた安全衛生規程を遵守すると共に、リスクアセスメントを活用した危険予知活動を行い、関係者全ての安全衛生を確保する。
  4. 当社従業員及び協力会社関係者が一体となって快適な職場環境の整備を進め、各自の健康状態を把握することで疾病の予防を図る。

品質方針

常に進化する第一工業を目指し、品質マネジメントシステムの継続的な改善を行い、品質と競争力の向上により、エンドユーザーとの繋がりの強化を目指してまいります。

ISO 9001 認証登録

認証登録事業所環境設備事業本部
登録日1999年6月28日
審査登録期間社団法人日本能率協会 審査登録センター
登録番号JMAQA-349
認証範囲空気調和・給排水衛生設備工事の設計及び施工管理
適用事業所一覧環境設備事業本部
東京本店/丸の内事業部・茨城営業所・北関東営業所・千葉営業所・多摩営業所
横浜支店
札幌支店
東北支店/青森営業所・盛岡営業所・福島営業所
名古屋支店/静岡営業所・三重営業所
大阪支店/京都営業所・神戸営業所・和歌山営業所・四国営業所・中国営業所・岡山営業所・九州営業所

ISO 9001 認証登録

認証登録事業所搬送システム事業本部
登録日1999年9月30日
審査登録期間社団法人日本能率協会 審査登録センター
登録番号JMAQA-428
認証範囲搬送システムの設計、製作、施工管理及びメンテナンス業務
適用事業所一覧搬送システム本店
大阪支店 搬送システム部及び支援部門/総務部、技術部
名古屋支店 搬送システム部及び支援部門/総務部、営業部、技術業務部、技術部
札幌支店 搬送システム課及び支援部門/総務部、営業部、技術業務部、技術部
東北支店 搬送システム課及び支援部門/総務部、営業部、技術業務部、技術部
九州営業所 搬送システム課

環境方針

  1. 事業活動を通じ、環境影響の緩和及び省資源、省エネルギーの推進、リサイクルの促進、廃棄物の削減を行い、環境保全と汚染の予防に努めます。
  2. 快適性、省エネ性、安定性など多くの機能を求められる設備において、経年などにより劣化した設備を制御技術や運転指導による省エネルギーの推進および進化する社会ニーズに対応した最新設備へのグレードアップと環境負荷の低減を図り、低炭素社会実現のための総合的サービスを提供します。
  3. 環境に関する法規制及び当社が同意するその他の要求事項を順守して、社会的貢献を果たします。
  4. 環境方針に基づき環境目的と目標を定めてサイトに展開し、環境マネジメントシステムの定期的見直しにより継続的改善を推進し、資源の有効活用に努めます。
  5. 当社及び当社の業務に係わる人々に対して環境教育や啓蒙活動を行い、環境保全に関する知識の習得、意識の維持向上を図ります。
  6. この環境方針は一般に公開し、外部とのコミュニケーションを図ります。